• ドラマ

義母と娘のブルース Blu-ray BOX

  • セル
リリース日
2019年02月06日
価格
¥24,000 + 税
品番
TCBD-0774
発売元
TBS
発売協力
TBSサービス

主演・綾瀬はるかが初の義母役に挑戦!綾瀬が演じるのは、一生懸命すぎる女性!
そんな一生懸命すぎる女性が、母親になるためにただ一生懸命娘を愛する10年間のお話
その日々は、喜びと、ほんの小さな奇跡に満ち溢れている ——

作品ポイント

★主演・綾瀬はるかが初の義母役に挑戦!
主人公のキャリアウーマン・岩木亜希子を演じるのは、綾瀬はるか。
あらゆるジャンルで活躍し続け数々の賞を受賞するなど、女優としてのキャリアを積み上げている綾瀬。
『世界の中心で、愛をさけぶ』 では白血病により17歳で生涯を終える女子高校生、『白夜行』 では人を殺めてしまう女性、『MR.BRAIN』 では脳科学者の助手、『JIN−仁−』 では女医を志す武家の娘など、さまざまな役柄を演じてきた綾瀬が、今作で初の義母役に挑む!

★豪華キャストが集結!
綾瀬演じる亜希子にプロポーズする子持ちのサラリーマン・宮本良一を演じるのは、TBS の連続ドラマに6年ぶりの登場となり、ドラマや映画、CM などで存在感を発揮している竹野内豊。
物語の 「台風の目」!亜希子、良一家族に波乱と時には奇跡を呼び起こす麦田章役には佐藤健。
良一の小学生の娘・みゆき役には、総勢277人、6度にわたるオーディションの末選ばれた横溝菜帆。
亜希子の部下・田口朝正役には、テレビや映画で味のあるキャラクターを演じ続けている浅利陽介。
宮本良一の上司・笠原廣乃進役にはお約束の浅野和之。
そして、世話好き、噂好きの不動産屋のおばちゃん・下山和子役に麻生祐未と、いぶし銀の光を放つ俳優たちが宮本家を支える。
さらに、『ROOKIES』 以来、佐藤健との共演になる川村陽介、『アンナチュラル』 で亡き女性を好演した橋本真実、
『おんな城主 直虎』(NHK) での好演が印象的な真凛、宮本良一の亡き妻・宮本愛役に奥山佳恵ら超豪華キャストが勢ぞろい!

★主題歌はMISIA「アイノカタチ feat.HIDE (GReeeeN) 」
MISIAが、デビュー20周年第1弾シングルとして発表した主題歌「アイノカタチ feat.HIDE (GReeeeN) 」は、
家族の愛がつまったドラマにむけ書き下ろされた楽曲で、
MISIA × GReeeeN という異例のコラボレーション。作詞作曲を GReeeeN が担当するとともに
コーラスにもGReeeeNのメンバーHIDEが参加。さらにアレンジには亀田誠治を迎えるなど、とにかく豪華な1曲!

※「ブルース」 とは…
19世紀後半に米国深南部の農場などで働く黒人が労働歌として歌い出したとされる。
基本的に3つのコードしか使わない簡単な構成で、3連符やその真ん中の音を抜いた 「シャッフル」 と言われるリズムが特徴。
一般的には日常の幸せや憂いを1コーラス12小節に乗せて歌う。(朝日新聞掲載 「キーワード」 より)

作品内容

原作は4コマ漫画 「義母と娘のブルース」(ぶんか社刊)。
桜沢鈴による義母と娘の愛と成長を描くハートフルな物語。
女性の社会進出が進み、晩婚化となっている昨今、家族の形も多様化していくのではないだろうか…。
本ドラマは、綾瀬はるか演じるバリバリのキャリアウーマンの主人公が、娘を持つ男性からプロポーズをされ結婚し、
母親になろうと畑違いの家事や育児に一生懸命に奔走、家族と過ごす日々を描いた10年間の物語。
そこにあるのは、大事件でもハプニングでもなく、あたりまえの喜びや、悲しみ、そして時にほっこりとする小さな奇跡である。
脚本は 『世界の中心で、愛をさけぶ』(2004年)、『白夜行』(2006年)、『MR.BRAIN』(2009年)、『JIN−仁−』(2009年、2011年)、『とんび』(2013年)、『天皇の料理番』(2015年) など、数々のヒットドラマを手掛けてきた森下佳子が担当。

あらすじ

数年前に母親を亡くし、父親の 良一 (竹野内豊) と父一人子一人で生きてきた 宮本みゆき (横溝菜帆)。
そんな彼女の前にある一人のキャリアウーマンが現れる。彼女の名前は 岩木亜希子 (綾瀬はるか) 。
業界トップシェアの金属会社・光友金属の営業部長を務める彼女は、みゆきの新しい義母になる女性であった。

そんな亜希子とみゆきの初対面の日。亜希子はみゆきに名刺を差し出し、
「私、このような者にございます」 と挨拶するが、みゆきは 「私、この人嫌い」 と一蹴。
「初手の5分で心をつかめなければ、そのプレゼンは失敗です」 謎の封筒を置いて帰ってしまう亜希子。
亜希子が来ることを聞かされていなかったみゆきは良一をギロリ。慌てふためく良一はみゆきを必死に説得するが逆に言い負かされてしまう。
亜希子の義母としての初陣は、あえなく惨敗に終わるのだった。

しかし、“戦国部長” の異名を持つ亜希子は、このままでは終わらない。
百戦錬磨のビジネス経験を活かし、みゆきの心をつかもうとありとあらゆる策を練る。
児童心理学の書籍を読み漁り、みゆきを知る人間に片っ端からリサーチをかける。
会社の後輩・田口朝正 (浅利陽介) をも巻き込み、とっておきの作戦を立てる。

一方、下山不動産の噂好きおばちゃん・下山和子 (麻生祐未) に、
「再婚は早いのでは?」 と釘を刺されてしまう良一だが亜希子への想いを語る。
みゆきの牙城を崩すためのヒントをもらおうと下山の元を訪れる亜希子。
「あんたの味方はできないよ。私はみゆきちゃんの味方」 と言い張る下山に亜希子は… !?

その頃、光友金属を訪れていたバイク便の青年・麦田章 (佐藤健) に荷物を託す田口。
威勢よく飛び出して行く麦田にどこか違和感を覚える田口。この違和感は、後にとんでもない被害に発展する… !?

果たして亜希子は、みゆきに受け入れられるのだろうか !?
義母として、認められるのだろうか !?

本作は、一生懸命仕事をしてきた女性が、一生懸命母親になろうとする物語である。
そして、亜希子さんを受け入れるべきか一生懸命考える娘、一生懸命見守ろうとする父親の何気ない日常の物語である。
そんな日常には、喜びや、悲しみ、そして奇跡が溢れている。

キャスト&スタッフ

<キャスト>
綾瀬はるか   竹野内 豊   佐藤 健
上白石萌歌 井野脇海 横溝菜帆 大智 川村陽介 橋本真実 真凛 村本大輔(ウーマンラッシュアワー) 奥山佳恵
宇梶剛士 奥貫薫 / 浅利陽介 浅野和之 麻生祐未

<スタッフ>
原作:桜沢 鈴「義母と娘のブルース」(ぶんか社刊)  脚本:森下佳子
主題歌:MISIA「アイノカタチfeat.HIDE(GReeeeN)」(アリオラジャパン) 音楽:髙見 優 信澤宣明
プロデュース:飯田和孝 中井芳彦 大形美佑葵  演出:平川雄一朗 中前勇児
製作著作:TBS

特典情報

<特典映像>
・メイキング
・劇中アニメ「ドリームプチキュア」フルバージョン
・SPOT集 ほか

<封入特典>
・ブックレット

商品仕様

【Blu-ray仕様】
2018年/日本/カラー/本編+特典/16:9 1080i High-Def/1層/音声:リニアPCM2.0ch/日本語字幕/4枚組(本編ディスク3枚+特典ディスク1枚)
※仕様は変更となる場合がございます。

©TBS