• 映画

少女たちの羅針盤 バリアフリー対応版

  • セル
リリース日
2012年03月09日
価格
¥12,000 + 税
品番
TCED-1438
発売元
TCエンタテインメント

ねえ、殺すって どんな気持だった?
福山の美しい街並みを背景に、演劇にかける4人の少女たちの栄光と挫折を描く青春ミステリー。
【視覚障害者対応音声ガイド ・聴覚障害者対応日本語字幕付き】

作品ポイント

●成海璃子・忽那汐里・森田彩華・草刈麻有の若手演技派女優4人が、演劇にかける少女たちの瑞々しい姿を熱演!
●ロケ地である広島・福山で2011年春に先行ロードショーされ、異例の大ヒット!
 福山市をはじめ、広島周辺の企業・団体による全面バックアップにより、美しい町並みを切り取った映像に絶賛の声!
●殺されるのは誰?犯人とその動機は!?衝撃の結末まで目が離せない、青春ミステリーの名編。
●小宮悦子氏による視覚障害者対応副音声ガイド、また聴覚障害者対応日本語字幕を収録!

収録内容

第1回「ばらのまち福山ミステリー文学新人賞」で優秀作に選ばれた水生大海(みずき・ひろみ)の同名小説を、成海璃子(「武士道シックスティーン」「書道ガールズ!! わたしたちの甲子園」)、忽那汐里(「BECK」「マイ・バック・ページ」)、森田彩華、草刈麻有という4人の若手女優を迎え映画化した青春ミステリー。監督は「8月のクリスマス」「西の魔女が死んだ」の長崎俊一。

<ストーリー>
廃墟となったホテルを貸し切り、ネットシネマの撮影が始まろうとしていた。ヒロインは新進女優の舞利亜。しかし、いくつもの不可解な出来事が舞利亜を恐怖に陥れていく。彼女には、4年前に起こった事件によって突然活動停止となった伝説の女子高生劇団“羅針盤”のメンバーだったという、誰も知らないはずの過去があったのだが…。

私立銀星学園・演劇部に所属する瑠美(成海璃子)、バタ(森田彩華)、かなめ(草刈麻有)の3人は、先輩や顧問との対立から部を飛び出し、他校から勧誘した蘭(忽那汐里)を加えて自分たちだけの演劇ユニット”羅針盤”を結成する。ステージ代わりにストリートで演劇を披露することを選び、様々な障害や軋轢を乗り越えながら稽古を重ね、徐々に知名度を上げていく”羅針盤”。彼女たちはやがて、新人劇団の登竜門である”ステージバトル”に出演することになるのだが…。

彼女たちを襲う突然の事件。殺されるのは誰?殺したのは?そして、その理由は…?

キャスト&スタッフ

<キャスト>
成海璃子 忽那汐里 森田彩華 草刈麻有 
黒川智花 塩谷瞬 石井正則 水本諭 前田健 金山一彦 
清水美沙 石黒賢(特別出演) 戸田菜穂

商品仕様

【DVD仕様】2011年/日本/カラー/本編113分/16:9/音声1:日本語ドルビーステレオ、音声2:視覚障害者対応音声ガイド/聴覚障害者対応日本語字幕付/片面2層