読売テレビ開局55周年記念ドラマ怪物
  • ドラマ

読売テレビ開局55周年記念ドラマ怪物

  • セル
リリース日
2013年10月09日
価格
¥3,800 + 税
品番
TCED-1941
発売元
読売テレビ

怪物として生きるか、人間として死ぬか。
底知れない闇を持つ怪物と対峙する、社会派サスペンスドラマ!

  • 読売テレビ開局55周年記念ドラマ怪物
  • Photo1
  • Photo2
  • Photo3
  • Photo4

あらすじ

警察の中で孤立し、左遷を間近に控えている刑事・香西武雄(佐藤浩市)。

彼には忘れられない事件があった。15年前、8歳の少女が誘拐・殺害された事件だ。
香西には、殺人があった現場で「死の匂い」を嗅ぎとる特殊な感覚を持っていた。その時、香西は、当時大学生だった代議士の息子・堂島昭(要潤)の部屋でその匂いを嗅いでいた。しかし、権力の壁に阻まれ、堂島を逮捕する事が出来なかったのだ。それ以降、香西はその特殊な能力と正義感ゆえに煙たがられて孤立し、香西もそんな警察組織に失望していた。

今や政界のホープとなった堂島がスポットライトを浴びる一方、香西は担当外である失踪人捜索を押しつけられる。新米刑事・石川えみ(栗山千明)と共に失踪者・橋爪の足取りを追う中、訪れた最新鋭のゴミ処理施設で、香西は思いがけず「死の匂い」を嗅ぐ。そこにはDNAをも溶かす水―亜臨界水の研究者・真崎亮(向井理)がいた。真崎の不気味な佇まいと「死の匂い」に、香西は、真崎が亜臨界水で橋爪を“消した”と確認する…。

そんな時、香西の前に「15年前の事件の犯人を知っている」という女性・藤井寺里紗(多部未華子)が現れる。里紗は15年前の事件直前、堂島に襲われていた。心に傷を負いながらも必死に堂島を告発しようとしている里紗の健気な姿に、香西は失いかけていた希望を取り戻し、正義感を奮い立たせる。里紗と協力して堂島を嵌め、堂島の口から真相を喋らせようとする香西。ところが、その最中に里紗が偶発的な事故で堂島を死なせてしまう。何としても里紗を守りたい香西は、葛藤の末に恐ろしい手段をとる。それは、真崎に亜臨界水で堂島の遺体を“処理”させる事だった…。

真崎は香西の頼みを聞き入れ、あっさりと堂島の遺体を処理してくれる。一先ず安堵する香西だったが、しかし、人を人とも思わず、命を、人間を、次々と消していく真崎の常人を超越した言動に、今まで感じたことのない底知れない恐怖を感じ、不安になる。そして、その不安は的中する。香西に興味を抱いた真崎は、香西にとって最も大切な存在となっていた里紗をあっさりと籠絡。香西を挑発してきたのだ。

香西は里紗を奪還するため、正義感と「死の匂い」を嗅ぐ特殊な感覚を武器に、証拠も罪悪感も残さずに次々と人間を消してきた“怪物”真崎を追いつめようとする。だが、そこには、香西の正義感をも揺るがす、衝撃の展開が待ち受けていた…!

作品ポイント

★10月公開「人類資金」主演の佐藤浩市と、11月公開「劇場版SPEC ~結(クローズ)」で重要な役回りを演じる向井理が共演!

★福田和代による衝撃的な長編小説を映像化。

★約1時間の秘蔵映像集を特典として収録!キャストの魅力や制作の舞台裏が満載!

収録内容

怪物として生きるか、人間として死ぬか。
左遷直前の刑事・香西武雄(佐藤浩市)は、コンビを組む刑事・石川えみ(栗山千明)の目を盗み、15年前の殺人事件の真犯人・堂島昭(要潤)を罠に嵌める計画を立てるが、手伝っていた藤井寺里紗(多部未華子)が、堂島を正当防衛で死なせてしまう。

香西は、里紗を守るためDNAも分解してしまう最新のごみ処理技術の研究者・真崎亮(向井理)に分解処理を頼む。
しかし、この男こそ、底知れない闇を持つ“怪物”だった…。正義が、溶けていく―

2013年6月27日放送 読売テレビ・日本テレビ系

キャスト&スタッフ

【キャスト】
佐藤浩市 向井理 多部未華子
矢島健一 いしのようこ 矢柴俊博 藤原薫 栗山千明(特別出演) 要潤

商品仕様

【DVD仕様】2013年/日本/カラー/本編=107分+特典映像=54分/16:9/音声:日本語ドルビーステレオ/1枚組/片面1層