• 映画

爪先の宇宙

  • セル
リリース日
2018年03月30日
価格
¥4,000 + 税
品番
TCED-3912
発売元
TCエンタテインメント

2.5次元舞台などで活躍する人気俳優北村諒とシンガーソングライター桐嶋ノドカ初映画W主演作!

作品ポイント

① 原作/世界累計2500万DL突破の女性に大人気の漫画アプリ「comico」の人気漫画の映画化!
高校、大学生の5人に1人が読んでいるとされるcomicoの中で、本原作は20代後半~30代のファンも多い。

② 音楽/桐嶋ノドカ×小林武史×ryo (supercell) 初タッグ!
桐嶋ノドカが初演技、主題歌を務める、バックは大物プロデューサー2人の初タッグで映像の中に挿入歌としても印象的に使われている。
10代~20代はryo、30代~40代の小林武史で幅広い客層に興味を持たせます!

③ キャスト/別ジャンルで活躍中のフレッシュな人気キャスト陣が勢ぞろい!
シンガーソングライター、2.5次元舞台などで活躍する人気舞台俳優、アニメ声優など、各業界でコアファンがいるキャストを起用!

④ 共感/高校時代、親友の一言で引きこもってしまった亜紀の「友情」「バイト」「恋愛」成長物語!
主人公亜紀の気持ちが共感できるという原作ファンが多いため、亜紀の気持ちを中心に描く。セリフは少ないがそこから何かを考えさせられる演出!

作品内容

親友の一言で心を閉ざしてしまった吉河亜紀は、小さなカラオケボックスで出会った仲間との日常を通して少しずつ心を再生していく。
ヒロインの亜紀を演じるのは映画初主演で主題歌も担当する桐嶋ノドカ。
不思議なバイト先の仲間アンジ役には、同じく映画初主演で舞台を中心に俳優・声優として活躍する北村諒がダブル主演。
亜紀の親友の朋子役には、美沙玲奈、亜紀のバイト仲間のユメコ役に加村真美、優しくて少しお節介な店長ユウ役を廣瀬智紀が演じます。
また、店長の元カノでラジオパーソナリティのしおり役を人気声優の名塚佳織が演じるなど、一味違うバラエティ豊かなキャスト陣が集結した。
監督は『ママは日本へ嫁に行っちゃダメと言うけれど。』の新鋭・谷内田彰久。
原作manniが描く独特の世界観を、見事に実写映画へと昇華させている。

あらすじ

言葉や想いはいつだってわたしの中にあったのに。
伝えようとすると必ず喉元で渋滞してしまう。
だからいつもまわりに合わせて生きてきた。
一年前、親友からあの言葉を投げつけられるまでは――
吉河亜紀は、親友・朋子から言われたひとことがきっかけで高校卒業後、
一年間自宅に引きこもる生活を送っていた。携帯電話の電源は切れたまま。
このままではいけないと頭ではわかっているけれど他人を目の前にするとうまく喋れない。
そんな時、ふと目に入ったカラオケボックス「coral」のアルバイト募集のチラシをきっかけに、
亜紀は自分を変えるため一歩踏み出す決心をする。
優しい店長、天真爛漫なユメコ、ぶっきらぼうなアンジとともにアルバイトを始めた亜紀。
少しずつ他人と心を通わせ始める。
そこに朋子がやってきた。朋子を目の前にした亜紀はあの日の記憶がまざまざと蘇る。
「嘘つき」
思い出すと前に進めなくなってしまう親友の言葉。
けれど、傷ついていたのは亜紀だけではなかった……

キャスト&スタッフ

<キャスト>
桐嶋ノドカ 北村諒
加村真美 美沙玲奈 名塚佳織 / 廣瀬智紀

<スタッフ>
原作:manni「爪先の宇宙」(comico)
監督:谷内田彰久
脚本/芸術監督:中野裕太
脚本協力:野村伸一
主題歌:桐嶋ノドカ「言葉にしたくてできない言葉を」(キングレコード)
挿入歌:桐嶋ノドカ「夜を歩いて」(キングレコード)

特典情報

<特典映像>
・メイキング
・キャスト1sインタビュー(桐嶋ノドカ、北村諒、廣瀬智紀、加村真美、美沙玲奈、名塚佳織)
・先行舞台挨拶(2017年10月25日)
 登壇:桐嶋ノドカ、北村諒、廣瀬智紀、谷内田彰久監督
・予告編

<封入特典>
・ブロマイド3枚セット(桐嶋ノドカ、北村諒、廣瀬智紀)
※全3種あるセットの中から1種ランダム封入

商品仕様

【DVD仕様】2017年/日本/カラー/本編67分+特典映像61分/16:9LB/片面2層/音声:ドルビーデジタル2.0chステレオ/字幕:なし

※仕様は変更となる場合がございます。

©「爪先の宇宙」製作委員会・manni/comico