• 映画

少女ファニーと運命の旅

  • セル
リリース日
2018年06月13日
価格
¥3,800 + 税
品番
TCED-4003
発売元
TCエンタテインメント

ナチスドイツ支配下のフランスからスイスの国境を目指し、
勇気の旅を続けた少女ファニーの “実話から生まれた”感動の物語

  • 様々な困難を乗り越え子供たちだけでナチスの脅威から逃れ国境を超える感動の実話!
    ユダヤ人迫害が吹き荒れたナチ占領下のフランスでナチスからスイスに亡命することで生き延びることができた9人の子供たち、涙なしでは見られない感動の物語。
  • 9人の子どもたちの純粋無垢な演技は必見!
    命を懸けた旅に挑む、何百人もの中から選び抜かれた子供たちの迫真に迫る演技は見逃せない。

作品内容

時は 1943 年、舞台はナチスドイツの支配下にあったフランス。13 歳のユダヤ人の少女ファニーは幼い二人の妹と共に両親と別れ、支援者たちが秘かに運営する児童施設に匿われていた。ある日、心無い密告者の通報により、子供たちは別の施設に移ることになる。やがてそこにもナチスの手がおよび、ファニーたちはスイスへ逃れようと列車を乗り継ぐが、厳しい取り締まりのなか引率者とはぐれてしまう。取り残された 9 人の子供たちのリーダー役となったファニーは、いくつもの窮地を勇気と知恵で乗り越え、ひたすら国境を目指す。しかし追っ手は彼らのすぐそばまで迫っていた──。

ファニーのモデルとなったのは、実在のファニー・ベン=アミ。現在はイスラエルで暮らす彼女が、第二次世界大戦中に子供たちだけでフランスからスイスへと逃げたという、驚くべき実体験を綴った自伝を発表。2011 年にはフランス語翻訳版が出版され、たちまち話題を集め、映画化が実現した。テーマは衝撃的でありながら、生きたいと願う子供たちの命の輝きと、彼らを守ろうとする大人たちとの温かな絆が観る者の心を打つ、未来へと伝えたい物語が完成した。

あらすじ

「3 人とも元気? この 2 年で大きくなったでしょうね」──そんな母親からの手紙への返事に、13 歳のファニー(レオニー・スーショー)は二人の妹たちの近況を、「ジョルジェット(ジュリアーヌ・ルプロー)は数字の 25 まで覚えた。エリカ(ファンティーヌ・アルドゥアン)はもう甘えん坊じゃないよ」としたためる。

1943 年、ナチスドイツの支配下にあるフランスでは、ユダヤ人の子供たちは親と別れて、支援組織に託されていた。ファニーもここクルーズの施設で生活していたのだが、誰かが密告したせいで、施設は閉鎖されることになり、ファニーたちは一路イタリアが占領するムジェーヴを目指す。

普段は勝ち気で気丈なファニーも不安に駆られていたが、ムジェーヴの施設で料理番を務める陽気な青年エリー(ヴィクトール・ムートレ)と仲良くなり、忘れていた笑顔を取り戻す。そんな中、イタリアのムッソリーニが逮捕されたというニュースが入る。責任者のマダム・フォーマン(セシル・ドゥ・フランス)は、代わりにドイツ軍に占領されるといち早く察知し、子供たちをスイスへ逃がそうと決意する。

ファニーと妹たちを含む 9 人の子供たちがエリーに率いられて列車に乗り、車で先回りしたマダム・フォーマンが、乗り継ぎの指示を出すという段取りだ。

ところが、乗り継ぎ駅に着いた時、ドイツ兵の姿を見て怖気づいたエリーが一人で逃げてしまう。脅える子供たちにマダム・フォーマンは、「今からファニーがリーダーよ」と宣言する。その言葉に一番驚いたのはファニー自身だったが、マダム・フォーマンから「あなたは頑固だからやり遂げられる」と励まされるのだった。

無事に子供たちを乗せて列車は発車するが、橋が爆破されて予期せぬ乗り換えとなる。途方に暮れて駅の構内をさまようファニーは、ドイツ兵に捕えられたエリーと遭遇する。彼は見張りの眼を盗んでファニーに、中を見ないで必ず届けてくれと 1 通の手紙を託すのだった。 何とか目的地のアンヌマスに到着する 9 人。だが、待ち合わせの場所にマダム・フォーマンは現れない。何時間も待たされた末に見知らぬ男が現れ、子供たちは同じくスイスを目指す大人たちと越境請負人のトラックに乗せられる。しかしトラックは警察の検閲に引っかかり、ファニーたちは連行されてしまう。 恐怖と空腹の極限状態の中、何かと対立していたファニーとヴィクトール(ライアン・ブロディ)が互いへの不満を爆発させ、取っ組み合いのけんかに発展してしまう。けれども「母さんに会いたい」と泣くヴィクトールを見て、ファニーはそっと彼の手を握るのだった。 ファニーの機転で、脱出に成功する子供たち。勇気と機知で一つ試練を乗り越えるたびに、彼らの絆は固く結ばれていく。だが、追っ手は目の前まで迫っていた。「おしまいよ」と、遂に弱音を吐くファニー。そんなファニーに再び力を与えてくれたのは、エリーの手紙の意外な中身だった。果たして 9 人は、国境へたどり着き、再び両親と会うことができるのか──?

キャスト&スタッフ

<キャスト>
レオニー・スーショー、ファンティーヌ・アルドゥアン、ジュリアーヌ・ルプロー、ライアン・ブロディ、アナイス・マイリンゲン

<スタッフ>
監督・脚本:ローラ・ドワイヨン

商品仕様

2016年/フランス・ベルギー合作/ 96分/カラー/シネスコ/音声:フランス語(ドルビーデジタル5.1chサラウンド)/日本語字幕/1枚組
※仕様は変更となる場合がございます。

© ORIGAMI FILMS / BEE FILMS / DAVIS FILMS / SCOPE PICTURES / FRANCE 2 CINEMA / CINEMA RHONE-ALPES / CE QUI ME MEUT – 2015