• 映画
  • 海外

コードネーム:リクイデーター

  • セル
リリース日
2019年02月20日
価格
¥3,800 + 税
品番
TCED-4332
発売元
㈱彩プロ

最強諜報機関エージェント、チェチェン潜入! 地獄の最前線を目撃せよ!

作品ポイント

★パッケージ市場大ヒット!『ホワイトタイガー』輩出、名門スタジオ・モスフィルム製作!
2014年にリリースした『ホワイト・タイガー ナチス極秘戦車・宿命の砲火』は、本物の戦車を大挙登場させ、並の戦争映画とは一線を画す独特の世界観からパッケージ市場で大ヒットを記録、多くのファンを獲得した。その『ホワイトタイガー』を輩出したロシアの名門スタジオ「モスフィルム」の最新アクション映画が本作である。『戦艦ポチョムキン』『デルス・ウザーラ』といった名作を手掛けてきた老舗・名門スタジオの意地とこだわりが満載したハイクオリティ作となっている。

★CIA、MI6に対抗する、世界最強の諜報機関「FSB」の知られざるミッションが明かされる!
冷戦時代、アメリカのCIAと双璧をなすソ連の諜報機関KGBが、ロシアとなったあとにFSB(ロシア連邦保安庁)として継続される。プーチン現ロシア大統領は元FSB長官であり、世界トップクラスの諜報機関といっても過言ではない。ハリウッド映画などでは悪役として描かれることが多いが、本作では国内防諜を主任務としてテロリストを追うエキスパート集団として活躍する。2004年にロシアで起きた「ベスラン学校占拠事件」をベースにして、関係者たちの実名も多数登場、現実かフィクションかの境目が見えないほどの現実味のあるストーリー展開を軸に、ロシア諜報機関とテロリストたちの息詰まる攻防をスリリングに描いている。

★攻撃ヘリ、銃火器、爆破は全て本物! 本物の魅力が迫力のバトルシーンを生み出した!
劇中に登場するMi-24攻撃ヘリや、AK系アサルトライフルなどの銃火器、爆破といった破壊効果はすべて本物を使用。FSBエージェントや特殊部隊隊員たちの突入・戦術などは実戦に即したものとなっている。ロシア映画だからこそできるスケールとリアリティが、迫力のバトルシーンとともに説得力をもたらしている。

★2018年7月、ヒューマントラストシネマ渋谷他、「ワンダーナイト・シネマカーニバル2018」にて上映!

作品内容

ロシア本気度120% 対テロ最前線、消えた最新鋭ミサイルを追え!
『ホワイト・タイガー ナチス極秘戦車・宿命の砲火』プロダクションが贈る、タクティカル・アクション超大作!

あらすじ

残忍で狂信的なチェチェン系テロリスト集団。学校の児童をふくむ数百人の市民を殺害した彼らは、次のターゲットを世界の首脳が集まるサミットの開催地サンクトペテルブルクに定めた。FSB(ロシア連邦保安庁)のベテランエージェント・イゴールが事態の阻止解決のために召集されたが、彼は過去の任務で部下を殺された時の怒りから過激な行動に出てしまう節があり、イゴールもこれを最後のミッションと決めていた。彼の集めたメンバーが、テロリスト集団と彼らが強奪した最新型地対空ミサイルを追い、テロリストたちの根城であるチェチェン・イングーシ共和国に乗り込む。

キャスト&スタッフ

<キャスト>
イゴール・ペトレンコ
アレクセイ・ヴェルトコフ『ホワイトタイガー ナチス極秘戦車・宿命の砲火』
アレクセイ・シェヴチェンコフ

<スタッフ>
監督:アレクサンドル・アラヴィン
製作:カレン・シャフナザーロフ『ホワイトタイガー ナチス極秘戦車・宿命の砲火』(監督)
脚本:アレクセイ・ブジン
音楽:ユーリ・ポテイェンコ『ナイト・ウォッチ/NOCHNOI DOZOR』

特典映像

オリジナル予告編

商品仕様

【DVD仕様】
2018年/ロシア作品/カラー/片面1層/96分/16:9LBスコープサイズ/ロシア語5.1ch ドルビー・サラウンド/日本語2.0chドルビー・ステレオ/日本語字幕/日本語吹替え字幕
※仕様は変更となる場合がございます。

© Mosfilm Cinema Concern, 2018