• ドラマ

ドラマW 今日、帰ります。

  • セル
リリース日
2019年10月23日
価格
¥3,800 + 税
品番
TCED-4702
発売元
カルチュア・パブリッシャーズ

幸せな人生って何だろう?気付けば別居1年――。
言い訳ばかりの主人公が再び家族と暮らすために奮闘する物語。
WOWOW新人シナリオ大賞受賞作。

  • ドラマW 今日、帰ります。
  • Photo1
  • Photo2

作品ポイント

■第1回WOWOW新人シナリオ大賞受賞作
優れたシナリオ作品の発掘とその映像化、新人脚本家の育成を目的に創設された「WOWOW新人シナリオ大賞」。
応募総数399編の中から大賞に輝いた圓岡由紀恵氏の「今日、帰ります。」(原題「赤いトマト」)を映像化。

■胸に響くセリフや空気感で、リアルな別居夫婦や両親の間で悩む子ども、孤独に生きる登場人物たちの想いを表現。
今までのWOWOWドラマではあまり見ることがなかった“家族の幸せ”をテーマに描かれる。

■監督は、映画『青の帰り道』や俳優の山田孝之がプロデューサーを務めた『デイアンドナイト』、そして今、メディアと権力を問う最新作『新聞記者』で更なる注目を集める新鋭監督・藤井道人。

■主演・伊藤淳史!木南晴夏、西岡德馬、夏木マリなど豪華俳優陣が集結!
主演の伊藤淳史は、2014年、15年の「MOZU」シリーズ以来のWOWOWドラマへの出演で、等身大の父親を熱演。伊藤と夫婦を演じる木南晴夏は結婚後初の家族ドラマ出演で、子を思う気持ちを繊細に表現する。そして、厳しいながらも二人を見守る主人公の義父には西岡德馬、さらに物語のキーパーソンでもある“厄介なおばあさん”役は、WOWOWドラマ初出演の夏木マリが演じる。

あらすじ

安定した収入、安定した生活……。東京の銀行で働く森田克博(伊藤淳史)は、家族のために毎日黙々と仕事に励んでいた。
しかしある日突然、妻の千佳(木南晴夏)が息子を連れて家を出て、山梨にある千佳の実家へと帰ってしまう。
それから別居生活1年。克博は山梨の家に月1回通っていたが、千佳からは「山梨で一緒に暮らしてほしい」と言われて困惑する。
そんな中、克博は、毎日何回も連絡してきては担当者を困らせることで有名な“厄介なおばあさん”、近藤波子(夏木マリ)の担当に。
克博の身の上を知った波子は、「離婚一歩手前だ」と克博にキツい言葉を浴びせるが、週末だけでも山梨で義父の田端恒三(西岡德馬)が営む農業を手伝うよう提案。
さらに“エンディングノート”ならぬ“ビギニングノート”を克博に手渡す。ノートには、克博が“家族と一緒に暮らすためにやるべきこと”が書かれており、克博は半信半疑ながらも課題を一つずつクリアしていく。

キャスト&スタッフ

<キャスト>
伊藤淳史 木南晴夏 小林未来 河野うさぎ 笠松将 戸田昌宏 / 西岡德馬 / 夏木マリ

<スタッフ>
脚本:圓岡由紀恵
脚本協力:藤井道人
監督:藤井道人
音楽:岩本裕司
プロデューサー:村松亜樹 巣立恭平
制作協力:ROBOT
製作著作:WOWOW

特典映像

スポット集

商品仕様

【DVD仕様】2019年/日本/カラー/本編80分+特典映像/16:9LB /片面1層/音声:ドルビーデジタル2.0chステレオ/1枚組
※仕様は変更となる場合がございます。

(C)2019 WOWOW INC.