ナイトシューターズ  処刑遊戯
  • 映画
  • 海外

ナイトシューターズ 処刑遊戯

  • セル
リリース日
2020年09月30日
価格
¥3,800 + 税
品番
TCED-5185
発売元
彩プロ

極悪ギャングの処刑から逃れられるか?!
非情の銃声がとどろくデッドリミットアクション!

  • ナイトシューターズ  処刑遊戯
  • Photo1
  • Photo2
  • Photo3
  • Photo4

作品ポイント

★監督は超低予算映画『コリン LOVE OF THE DEAD』で注目されたマーク・プライス!
アカデミー賞受賞歴のあるMilk VFXが視覚効果をプロデュース!
メガホンをとるのは、製作費45ポンド(約6000円)の低予算での制作ながらハイクオリティーのゾンビ映画として各国の映画祭で注目を集めた『コリン LOVE OF THE DEAD』のマーク・プライス監督。
作品はクルー達が廃墟でゾンビ映画を撮影するシーンから始まり、監督の過去作の制作過程を彷彿とさせる。
Milk VFX社からは『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』を始め数々の大ヒット作品を手掛けてきたルイス・ヘイスティングとクレア・ノルマンが視覚効果を担当。こだわりの映像は必見だ。
また特殊効果を担当するのは、新進気鋭の特殊効果アーティスト、レア・ジェームズ。
『ゼロ・グラビティ』でアカデミー賞特殊効果賞を受賞したネイル・コーボルドに師事すると、瞬く間に頭角を現し、現在では映像業界で引く手あまたの存在となる。
今作では、コーボルドが『プライベート・ライアン』で使用した特殊効果の装置でその効果を再現させるなどのこだわりをみせている。

★脱出不可能となったクルー達に次々と襲いかかる敵の猛襲!映画撮影の技術を駆使したクルーたちの奮闘から目が離せない!
殺しのプロに命を狙われることとなった映画製作のクルーが撮影技術を駆使してギャングたちと渡り合う、そんな前代未聞の作品が誕生した。
スタントマンであるメンバーの一人は武術の達人。ギャングたちと対等に肉弾戦を繰り広げる。
特殊効果のスペシャリストは撮影で用いるはずのダイナマイトや爆薬でギャングたちを爆発の渦に巻き込み、音響担当は離れ離れになったメンバー同士の意思疎通を助け、敵の存在をいち早く察知できるように工夫を施す。
激しい銃撃、予測不可能な展開で映画ファンを夢中にさせること間違いなし!

★実際のスタントマンによる本格アクションシーンが満載!
スタントマンのドニー役を演じるのは、『LUCY ルーシー』『ワイルド・スピード/スーパーコンボ』などで実際にスタントマンとして活躍しているジーン・ポール・リー。
本作では自身が登場する一部のアクションシーンの監修も行っており、複数のギャングたちを相手にダイナミックなアクションを随所で披露している。
注目すべきは中盤のナイフを使ったアクションシーン。綿密なリハーサルをほとんど行わず6時間かけて撮影したファイトシーンは圧巻だ。

あらすじ

逃げきるか、死を待つか

ゾンビ映画撮影のために訪れた廃墟ビルで、ギャングの処刑現場を目撃してしまったため、彼らに追われることとなった自主映画クルーを描くバイオレンスアクション。
建物から逃げられなくなってしまったクルー達は、映画撮影技術を駆使してなんとか自分たちの身を守ろうと奮闘する。
武術の達人であるスタントマン、特殊効果技術のスペシャリスト、音響のプロはそれぞれの特技を発揮し、建物からの脱出を目指す。
果たしてクルー達はギャング集団から無事に逃げきることができるのか。

キャスト&スタッフ

<キャスト>
アダム・マクナブ(マーシャル)
ニッキー・エバンス(オドボット)『ミリオンズ』
ロザンナ・ホルト(エリー)『キャプテン・アメリカ/ザ・ファースト・アベンジャー』
ジーン・ポール・リー(ドニー)『アルテミスと妖精の身代金』

<スタッフ>
監督・脚本:マーク・プライス『コリン LOVE OF THE DEAD』
製作:ミシェル・パーキン
音楽:アダム・ラングストン『エイリアン:コヴェナント』(音楽参加)
撮影:トム・バーカー 

特典映像

オリジナル予告編

商品仕様

【DVD仕様】
2018年/イギリス/カラー/片面1層/105分/16:9LBスコープサイズ/英語5.1ch ドルビー・サラウンド /日本語字幕/1枚組
※仕様は変更となる場合がございます。

(C)2018. Ascendant Releasing