わが家
  • ドラマ

わが家

  • セル
  • レンタル
リリース日
2015年04月28日
価格
¥3,800 + 税
品番
TCED-2582
発売元
MBS

「家に帰ろう。一緒に帰ろう。」 バラバラに暮らしていた4人の家族が海辺の「わが家」で繰り広げる珠玉のヒューマンドラマ!

  • わが家
  • Photo1
  • Photo2
  • Photo3
  • TBS系新春ドラマ特別企画「わが家」が早くもDVD化!2015年1月4日に放送され、家族の大切さを思い出させてくれた感動作が早くもDVD化決定。「トイレの神様」「花嫁の父」などの感動作を届けてきた新春SPドラマ最新作。
  • 主演には人気・実力を兼ね備えた向井理! TBS系新春SPドラマは2012年日本中を涙させた「花嫁の父」以来2度目。父親役には名優・長塚京三。母親役に国民的女優・田中裕子。妹役に若手実力派女優・村川絵梨。
  • メイキング映像やメインキャストのインタビューを盛り込んだ事前スペシャル番組を特典映像として収録! 豪華出演者が集合!ここでしか聞けないスペシャルインタビューも満載!

作品内容

2015年1月4日(日)よる9時からTBS系全国ネットで『新春ドラマ特別企画 わが家』として放送。現代社会でバラバラに暮らす4人の家族、「桜木家」の物語。

主演は向井理。TBS系の新春SPドラマには2012年の「花嫁の父」に次いで2度目の出演。今作では離れ離れだった“父と子の葛藤”を軸に「家族とは何か」「本当の親孝行とは何か」を考える長男として、家族の絆を描く珠玉のヒューマンドラマに挑戦する。

共演者にも、新春ドラマにふさわしい豪華キャストが顔を揃える。家族を捨てて家を出て行きながら、20年ぶりに舞い戻ってきた父・桜木武士には、日本映画界、ドラマ界には欠かせない名優のひとり・長塚京三。ある想いを秘めながら「わが家」を守り続ける母・桜木鯛子役は、存在感ある演技で人々を魅了する国民的女優・田中裕子。そして、明るい性格で、家族再会のきっかけとなる結婚話をもたらした妹・桜木ほの香役は、若手実力派女優・村川絵梨が演じる。魅力的な組み合わせの豪華俳優陣が、優しく、恋しく、時には激しくぶつかり合いながら、日本の家族の心の機微を演じる。

脚本は『花嫁の父』(2012年/日本民間放送連盟賞優秀賞受賞)、『母。わが子へ』(2013年/ATP賞観光庁長官賞受賞)など、心に残るヒューマンドラマを手がけてきた井沢満。単身世帯が増加する現代日本をテーマに、一歩の生き様や桜木家の日常を、心に染み入るセリフで描き出す。

あらすじ

人材レンタル会社のスタッフ・桜木一歩(向井理)は、都会の片隅で他人の孤独や心の傷を埋める稼業をなんとなくこなす日々を送っていた。器量がよく客からの人気も高い一歩だが、30歳を過ぎても、自らは家庭を持つ気は全くない。その理由は、子どもの頃に父・武士(長塚京三)が突然家を出て行ったという過去があるからだ。そんな一歩の実家は三浦半島の海辺にあり、今は母・鯛子(田中裕子)が一人で暮らしている。一歩にはバスガイドをする妹・ほの香(村川絵梨)がいるが、同じ東京にいながら互いに連絡先さえ知らない。

鯛子は正月さえ戻ってこない子供たちに不満を募らせつつも、音信不通の夫や子供たちがいつ帰ってきてもいい様に気丈に家を守っている。そんな鯛子のもとへほの香から「結婚するので先方の家族と会って欲しい」と電話が入る。同じ頃、一歩にも“ある仕事”が舞い込んでいた。
ほの香は、結婚相手に挨拶するためには家族がいなくてはと考え、偶然にも父親役と兄役をレンタルしようとしていたのだ。

「家族」とは?「本当の親孝行」とは? バラバラだった家族の失われた絆が取り戻される日は来るのだろうか----。

キャスト&スタッフ

<キャスト>
向井理 田中裕子 村川絵梨 長塚京三 /
市川実日子 きたろう 大島蓉子 草村礼子 濱田マリほか

<スタッフ>
作:井沢満
演出:竹園元(MBS)
音楽:渡辺俊幸
主題歌:「ホームにて」高畑充希 feat.KOBUDO-古武道-(ワーナーミュージック・ジャパン)
プロデューサー:竹園元(MBS)、深迫康之(MBS)、布施等(MMJ)
製作著作 MBS
制作協力 MMJ

特典映像

・ナビ番組
・PRスポット集

商品仕様

【仕様】2015年/日本/カラー/本編104分、特典映像24分/16:9LB/片面2層/音声:ドルビーデジタル2.chステレオ

(C)2015 MBS