ぼくの小さな恋人たち【4Kレストア版】 DVD
  • 映画
  • 海外

ぼくの小さな恋人たち【4Kレストア版】 DVD

  • セル
リリース日
2024年06月19日
価格
¥5,280(税抜価格 ¥4,800)
品番
TCED-7546
発売元
シネマクガフィン

「死者を起こすには、強くノックすること」
そう遺して世を去った“呪われた映像作家”の扉を、いよいよ叩くときが来た。

作品ポイント

★“呪われた映像作家”の異名を取り、42歳にして拳銃自殺を遂げ、世界中で熱狂的なファンの支持を受ける、フランスの伝説の鬼才ジャン・ユスターシュ監督。
既発の国内版DVDは廃盤プレミア化しており、最新の4Kレストアマスターで映画ファン待望の国内再DVD化!!
※ご注意:TCBD-1600「『ぼくの小さな恋人たち』【4Kレストア版】/『ヒエロニムス・ボスの《快楽の園》』【2Kレストア版】」Blu-ray収録の、『ヒエロニムス・ボスの《快楽の園》』は、本製品には収録されておりません。

★1975年モスクワ国際映画祭金賞ノミネート

★パート1:2023/8/18~渋谷ヒューマントラストシネマほか、パート2:10/6~東京日仏学院ほか全国順次リバイバル上映。

★各作品の解説リーフレット&ポストカードを封入!

★長編~短編12作品を、計5Disc枚に収録したBOXほか、各単品Blu-ray/DVDも同時発売!

※一部、単品製品には未収録の作品がございます。
※内容は変更となる場合がございます。

作品内容

映画史に残る傑作『ママと娼婦』で、一躍時代の寵児となったフランスの映画監督、ジャン・ユスターシュ。

しかし度重なる奇行、自己破壊的な行動が影響してか、その後1本の長編とわずかな中・短編を手がけただけで、1981年、42歳にして拳銃自殺を遂げた。
今年、4Kデジタルリマスターで甦った『ママと娼婦』がパリ、ニューヨークをはじめ各地で上映され、その痛ましいまでの美しさに世界は再び驚愕した。

そしてほとんど彼の作品を観ることができなかったわが国でも、謎に包まれた全貌がついに明らかになる。

あらすじ

ペサックで心優しい祖母と二人暮らしをしていた13歳の少年ダニエルが、やがて母が継父と住むナルボンヌに移住し、経済事情から学業を諦めて二輪車販売・修理店で見習いとなるが…。 

二本目にして最後の長編監督作。題名はランボーの同名の詩から採られている。本作にはユスターシュの少年時代の記憶が多分に投影されており、作家によれば、「自分の映画はどれも最初から社会ののけ者の中に身を置く」一方、本作だけは「ある子どもの、普通の生活から脱落者の境遇への移行」を描いている。
主題の一つは、聖体拝領の日に初めて異性を意識した経験に始まる、ダニエルの性的な成長だ。半ば様式的な演出が施されたこの寡黙な映画は、繊細なカラー撮影と相まってユスターシュ作品中例外的な輝きを放ち続けている。

キャスト&スタッフ

<キャスト>
マルタン・ローブ、イングリット・カーフェン、ジャクリーヌ・デュフレンヌ

<スタッフ>
監督・脚本:ジャン・ユスターシュ
撮影:ネストール・アルメンドロス

封入特典

●作品解説ブックレット
●ポストカード
※特典は変更となる場合がございます。

商品仕様

【DVD仕様】
1974年/フランス/カラー/本編約123分/16:9LB スタンダード/片面2層/MPEG2/複製不能/セル専用/音声:フランス語(ドルビーデジタル・2.0chモノラル)/字幕:日本語字幕/日本市場向

※仕様は変更となる場合がございます。

(C) PIERRE COTTRELL ELITE FILMS 1975/BORIS EUSTACHE 2022. Tous droits reserves.