ナンバー・ゼロ/豚【4Kレストア版】 DVD
  • 映画
  • 海外

ナンバー・ゼロ/豚【4Kレストア版】 DVD

  • セル
リリース日
2024年06月19日
価格
¥5,280(税抜価格 ¥4,800)
品番
TCED-7549
発売元
シネマクガフィン

「死者を起こすには、強くノックすること」
そう遺して世を去った“呪われた映像作家”の扉を、いよいよ叩くときが来た。

作品ポイント

★“呪われた映像作家”の異名を取り、42歳にして拳銃自殺を遂げ、世界中で熱狂的なファンの支持を受ける、フランスの伝説の鬼才ジャン・ユスターシュ監督。
  最新の4Kレストアマスターで映画ファン待望の国内初ソフト化(DVD)!!

★パート1:2023/8/18~渋谷ヒューマントラストシネマほか、パート2:10/6~東京日仏学院ほか全国順次リバイバル上映。

★作品解説リーフレット&ポストカードを封入!

★長編~短編12作品を、計5Discに収録したBOXほか、各単品Blu-ray/DVDも同時発売!
※一部、単品製品には未収録の作品がございます。

※内容は変更となる場合がございます。

作品内容

映画史に残る傑作『ママと娼婦』で、一躍時代の寵児となったフランスの映画監督、ジャン・ユスターシュ。

しかし度重なる奇行、自己破壊的な行動が影響してか、その後1本の長編とわずかな中・短編を手がけただけで、1981年、42歳にして拳銃自殺を遂げた。
今年、4Kデジタルリマスターで甦った『ママと娼婦』がパリ、ニューヨークをはじめ各地で上映され、その痛ましいまでの美しさに世界は再び驚愕した。

そしてほとんど彼の作品を観ることができなかったわが国でも、謎に包まれた全貌がついに明らかになる。

あらすじ

『ナンバー・ゼロ』【4Kレストア版】
当時鬱状態に陥り、もう映画を作ることができないのではないかと気に病んでいたユスターシュ監督に、『豚』の共同監督ジャン゠ミシェル・バルジョルが⼀族の誰かを主題にして映画を撮ってみては、との提案をしたことが本作実現のきっかけとなった。
彼が主題に選んだのは祖⺟オデット・ロベール。「プロの映画作家の映画であると同時に、浜辺で撮られたアマチュア8ミリ映画のような家族映画」でもある「どこか両⽴しがたいもの」(ユスターシュ)を抱えた映画が誕⽣した。
©INA ©PIERRE COTTRELL ÉLITE FILMS 2003 ©BORIS EUSTACHE 2022. Tous droits réservés.

『豚』【4Kレストア版】
早朝、ある⽥舎屋に集まった男たちは、⼀匹の豚を引っ張ってきて…。
本作の主題である豚の屠畜はユスターシュ⾃⾝の思い出ではなく、共同監督のジャン゠ミシェル・バルジョル(マルセイユ出⾝のドキュメンタリー映画監督)が⼦どもの頃にアルデシュ県で何度か⽬にしたそれに由来するもの。それぞれが撮りたい被写体を⾃分の撮りたいように撮影した本作には、⺠俗学映画としての性質と実験映画としての性質が備わることになった。
© Les Films du Losange

キャスト&スタッフ

<キャスト>
『ナンバー・ゼロ』【4Kレストア版】
オデット・ロベール、ジャン・ユスターシュ、ボリス・ユスターシュ

<スタッフ>
監督・脚本:ジャン・ユスターシュ

『ナンバー・ゼロ』【4Kレストア版】
撮影:フィリップ・テオディエール、アドルフォ・アリエタ

『豚』【4Kレストア版】
脚本:ジャン=ミシェル・バルジョル
撮影:ルナン・ポレ、フィリップ・テオディエール

封入特典

●作品解説ブックレット
●ポストカード
※特典は変更となる場合がございます。

商品仕様

【DVD仕様】
『ナンバー・ゼロ』【4Kレストア版】(1971年/本編約111分/原題:Numéro zero)
『豚』【4Kレストア版】(1970年/本編約52分/原題:Le Cochon)
フランス/モノクロ/16:9LB スタンダード/片面1層/MPEG2/複製不能/セル専用/音声:フランス語(ドルビーデジタル・2.0chモノラル)/字幕:日本語字幕/日本市場向

※仕様は変更となる場合がございます。